ろうそく

【復縁を成功させよう】神頼みもしっかりやっておこう

愛と気遣いで乗り越える

カップル

焦らず対処しましょう

恋人、夫婦の関係で必ずくるのが倦怠期。多かれ少なかれ必ず来るものであると知っておくことが大切です。自分だけ特別だと焦ったりせず、冷静に対処していきましょう。倦怠期とは具体的には、相手に対して新鮮な気持ちがなくなったり、嫌なところがだんだん気になり出したりします。まず、このように感じるのは関係が始まってだいたい3か月から半年ぐらいの期間です。このような倦怠期は、気持ちに蓋をするのではなく自分の気持ちを見つめなおしましょう。今は新鮮味はなくなったけど、これからも一緒にいたい場合には話し合いも必要でしょう。なおして欲しいことに関しては素直に相談してみましょう。ケンカになる場合もありますが、健全なケンカは相手を知る機会でもあります。長いお付き合いや夫婦関係を続けるためには必要なものです。関係が始まって1年。このころは相手のペースもつかめるようになり関係性も落ち着いてきます。さらにお付き合いを深めていくために二人で新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうか。スキューバダイビングやスキーなど自然の中で新しいことをするとお互いの良さを再発見することができます。相手とのおつきあいが始まって3年。ここまでくると相手の良いところや悪いところは、ほどんど理解しています。倦怠期に陥った時には今後も関係を続けていくのか、お別れするのか真剣に考える時期なのかもしれません。外食や買い物するお店も決まってきてしまいますが、あえて色々な場所にいってみましょう。場所がかわれば会話の内容も変わってきます。3年前とは自分の価値観も変化しより大人になっていますので、昔は感じなかった相手のよさに気づくこともあります。いずれにしても相手の悪いところはなかなかなおせないものです。欠点も含めて相手は自分にふさわしいのか。またその逆はどうなのかと思いを巡らせてみてください。